以前の記事
2010年 07月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 07月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
カテゴリ
ヒタヒタご飯
寒くなってからというもの、缶詰ご飯をあげるときに、
器が冷たく、涼しい場所に保管している缶詰自体も冷え冷えになっていることから、このまま食べるのでは、身体を冷やしそうだなぁ、と思ったことと、
カリカリだけでは冬の間、水分量が少なくなる事もちょっと心配で、
思いついたのが、ヒタヒタご飯。



その名のとおり、なのですが、
1人につき1/4缶をほぐしたところに、ちょうどヒタヒタになるぐらいの量のお湯をかけて、人肌以下にフゥフゥして冷まし(寒い今は、器と缶詰の冷たさであっという間に冷めますが)、仕上げにハイポを垂らして出来上がり~。

とはいっても、お2人さんとも缶詰はあまり量を食べないので、
主食はカリカリのままというのもあり、
また、あまり沢山の種類の食べ物を食べる習慣のない二人にとって、
お薬を飲ませなくてはいけないときのために、缶詰ご飯は「ぜいたく品」ということにして、
毎日あげるのは避けているのですが、
昨日からこーんちゃんのお鼻がピスピスいって、少々風邪気味のため、
昨日よりハイポ多めで、ヒタヒタご飯にしています。

恐らくその子の好みでもあると思うのですが、
幸いうちの2人は、ヒタヒタご飯に抵抗が無いらしく、
もちろん初めてのヒタヒタご飯は、ごく少量の水分から始めて、
少しずつお湯の量を増やしていったというのもあると思いますが、
このヒタヒタご飯がなかなかの好評なのです。
(でも、カリカリのヒタヒタは不評でしたが・・・(T_T)

具となる缶詰を多少残しても、水分は全部飲んでくれるので、
小間としても、効率良くハイポを飲んでくれていると思うと嬉しく、
我ながらお手軽な方法を見つけたなぁと自画自賛♪(おバカ)

そして、風邪気味のこーんちゃんには、
今日のオヤツな時間には、ヒタヒタご飯 変化形として、
煮干汁を召し上がっていただきました。
手をかけるなら、より塩分の少ないササミの茹で汁の方が良いとは思うのですが、無精者の小間は、ペット用の煮干を1,2本ほぐして、お湯をかけてふやかした後に、煮干はコーヒーフィルタで濾して、煮干のにおい立つお湯を冷ました後にハイポを落として、出来上がり。
お汁を飲み終わった後に、ふやけた煮干も別皿であげて、完食!

同じ煮干オヤツを食べるなら・・・と思ったまでで、
塩分のことを考えると、水分補給の方法としては「?」ですが、
入れたハイポを全部飲んでもらう方法としては、アリかな、と思ってます。

ちなみに、当の本人は、普通にカリカリも食べていて、ピンピンしているので、
病院に行くほどではないと思い、今回はハイポ強化期間で良くなれば、と思います。
(ハイポ点鼻も試してみたのですが、くしゃみ連発で、周りに黄色の点々を作って終わってしまったです・・・(T_T)

こーんちゃん「うんまかったにゃ」
f0024514_2113975.jpg

[PR]
by popcorn_nyan | 2006-01-22 21:13 | こーんちゃん
<< 興味の先は・・・ 雪やこんこん♪ >>
トップ