以前の記事
2010年 07月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 07月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
カテゴリ
カテゴリ:白猫ちろるちゃん( 54 )
そういえば
ふと思い出しました、ちろちゃんと初めて会った翌朝のこと。

夏で、日が上がりきると暑くなってしまうので、
朝一番で病院で診てもらおうと、
ついでに、こんちゃん・ぽぷちゃんも予防のためにフロントラインしてもらおうと、
ちろちゃんとこんちゃん2人を連れて(さすがに3人いっぺんにはムリ!ってことで)
病院前の路上で、「まだ病院、開かないねー」なんて2人に話しかけながら待ってた。

ちろちゃんのことでお世話になる前までは、
いわゆる「町の獣医さん」という雰囲気な、
小さな病院で、まさに「かかりつけ」というのがピッタリだと思ってて、
混んでるなぁってときでも30分以上待ったことは無くて、
そんなときも稀で、まっても15分程度があたりまえの病院で。
そんな病院だと思ってたのに、朝一番から待ってる人も実はいたんだ、
と初めて知った朝でもあったのでした。

この朝は、結局、小間ともう一人が並んでただけだったのだけど、
診察が終わって、待合室に戻ると、
そこには既に別の患者さんも待ってて。
ちょっと興奮気味だった小間は、
何か話しかけられた(内容は忘れてしまったけど)きっかけに、
ちろちゃんと今朝出逢ったことを話したら、
「まだ子供なのね、目は怪我しちゃったの?」と、こんちゃんを指して言われて(笑)。

「???
あー、いや、こっち(こんちゃん)の子は元々うちの子でして。。。
今朝保護したのはこっち(ちろちゃん)の子なんです。。。」
と苦笑いで答えたっけなぁ。

そう、そういえば、
その時のちろちゃんは、
ドッシリ構えてて(当時はまだ細かったんだけど)、
どう見ても「病院慣れてます、キャリー慣れてます」てな感じで、
比べて、こんちゃんは、ふぇふぇ泣いて心細げで。

真っ黒なちろちゃんと、ホワホワの毛のこんちゃん。
どうみても、ちろちゃんが今保護したばっかりに見えると思ったのは小間だけで、
はたから見れば、こんちゃんよりもちろちゃんは完全に家猫然としてたってことかぁ、
なんて思い出しちゃいました。

いつまでも「子猫」顔のこんちゃんを見てたら、
そんな、ちょっと笑える思い出がよみがえりました。
[PR]
by popcorn_nyan | 2008-01-12 00:00 | 白猫ちろるちゃん
そして時間は流れ
ちろちゃんの初七日も過ぎ、
いつもの日常。
まだまだ、ちろちゃんのことを思っては涙が出ることもしばしばですが、
ぽぷちゃん・こんちゃん、そして小間も元気にしています。

けれども、時間はときに残酷、ということを、早くも感じます。

決して忘れないけれども、
ちろちゃんに触れられない日常が当たり前になるのが恐くもあり、
時間が経てば経つほど、色々な後悔が生まれ、
ちろちゃんのことを考えない時間が少しずつ増えることに、
罪悪感を感じるようになり。

それでも、ちろちゃん部屋は、
あの日からずっと締めたまま(窓は開けて換気していますが)にしているせいか、
入った瞬間、ちろちゃんの匂いがして、
それが嬉しくもあり切なくもある、今はまだ、
気持ちに整理がつかなくても良いんだ、なんて自分を納得させています。

f0024514_151937.jpg

亡くなる10日前のちろちゃん。
お座布団に頭を押し付けて甘える仕草が可愛い。
[PR]
by popcorn_nyan | 2007-09-11 00:00 | 白猫ちろるちゃん
穏やかに
2007年8月29日(水) 0時45分
ちろちゃんは、天国に旅立ちました。

8月の頭、ちろちゃんの我が子宣言をした日の前日、
食欲不振と首の付け根のシコリが見つかったことで、病院に行き、
その日から数日間の入院と検査をした結果、
FIPという病気が発症したことを告げられました。

FIPという病気は、発症すると今はまだ治す方法がない病気であること、
発作や胸水による呼吸困難など、苦しい症状が現れることもあるため、
確定診断後は安楽死という選択肢があること、
若い子の場合は進行が早いことが多く、
食欲が落ちたといって病院に連れてきて、2週間持たない子もいることなど、
お医者様から説明を受けました。

FIPという病気のことは、以前から知っており、
実際にインターネットを通して見守ってきた何人もの子が、
この病気で亡くなっていたので、
最初にこの病気の可能性があることを聞いたときのショックは、とても大きなものでした。

病院に行った当日には、お医者様が驚くほどにご飯を食べたのに、
翌日からは一切受け付けず、
点滴を続けて、治療をしているのに、見る見るうちに状態が悪くなり、
身体を起こすのも辛いという様子だったので、
わずかに調子が上がったタイミングで、
お家に連れて帰ることにしたのですが、
家に帰ってからは、仕事から帰ってくる小間を嬉しそうに出迎えたり、
(なんとお出迎えで、爪とぎして見せたりしてくれてたんです)
撫でればいつもと変わらずに、ご機嫌でゴロゴロゴロゴロ喉をならし、
お薬は「いやいやー」と可愛い抵抗をして見せたり。

ご飯も、缶詰のスープを、大さじ1杯程度なら、
亡くなる前日まで、嬉しそうに「アニャアニャ」と言いながら食べることもできて、
思いがけず穏やかな時間を一緒に過ごすことができました。

お医者様からは、「本当に気の良い子」と言われるほど、
ちろちゃんは、人が大好きで、
誰かが傍に居ればそれだけでご機嫌な様子を見せてくれる、
本当に優しい子でした。
そのお陰で、見た目はどんどん状態が悪くなっているのにも関わらず、
一緒に過ごす時間は、優しい色に包まれている感じで、
悲しい時間を過ごすことはありませんでした。

そして、勤め人である小間は、
もしかしたら最期の時に傍に居られないかもしれない、という可能性もあったのですが、
最期の日は、小間が帰宅するのを待っていてくれ、
帰宅してから3,4時間後に、小間の腕の中で、息を引き取りました。

亡くなった後のちろちゃんのお顔は、
久しぶりに見る穏やかな寝顔で、そのお顔を見た瞬間、
それまでは、いくら機嫌よく振舞ってくれていてもやはり辛かったんだと
感じました。
だから、まだちろちゃんを思っては涙が出ることが多いのですが、
それでも、「悲しい」という感情は無く、
「あぁ、これでもう苦しくない、ゆっくり眠れるね」という思いと、
一緒に過ごしたこの1年の時間が、温かい感情と共に思い出されるだけです。

それに、今はお骨になったちろちゃんですが、
入院中の時に感じた、ちろちゃんの不在感は今は無くて、
確かにちろちゃんはここに居ると思われるのです。
不思議と、ちろちゃんのお骨を抱っこして撫でていると、
ちろちゃんを抱っこしているときと同じ気持ちになれて、
なぜこんなに温かい気持ちで悲しくは無いのに、涙が止まらないのか、
自分でも分からないのです。

と、まとまらないまま、このまま書き続けてしまいそうなので、
最後まで頑張ってくれた優しいちろちゃんのお顔で、締めくくりますね。

ちろちゃん、うちに来てくれてありがとう。
f0024514_0435629.jpg

ちろちゃん、だいすき。
f0024514_044311.jpg

次に生まれ変わってくるときは、迷子にならずにうちに来るんだよ。


最後になりましたが、ちろちゃんを気に掛けてくださった皆様、
本当にありがとうございました。
もう少し、もう少し落ち着きましたら、
またぽっぷちゃん・こんちゃんの様子をお伝えすべく、
そして時には、ちろちゃんの事を書くべく、
再開いたしますので、それまでどうぞお待ちいただければ、幸いです。
[PR]
by popcorn_nyan | 2007-09-01 23:23 | 白猫ちろるちゃん
ちろちゃんは小間家の家族になります
1年前の今日(8/4)出逢ったちろちゃんですが、
正式に我が家の子宣言を致します。

気に掛けてくださった皆様には、本当に心からお礼申し上げます。
また、リンクいただいた方には、この文書にて、ご報告とさせていただく失礼をお許しください。

---------------
!飼い主さんを探しています!

2006年8月4日(金)早朝、
横浜市(川崎市そば)にて、全身白猫の女の子を保護しました。

保護時、その後の様子などから、
飼い猫として、とても大事にされていたと思われ、
必死に探してくれているかもしれない飼い主さんと再会できることを願っています。

小さなことでも構いません、
何かお心あたりのある方は、ご連絡いただけますよう、
どうぞどうぞ宜しくお願いいたします。

!飼い主さんを探しています!
[PR]
by popcorn_nyan | 2007-08-04 00:00 | 白猫ちろるちゃん
草むしり再び・・・
はい、本日も草むしりしました。
って、前回からまだ2週間なのに、
なんでゴミ袋が半分ちかく一杯になってしまうんですかっ!?
この調子で行くと、夏になって毎週末やっても、
多分追いつかない気がする・・・
ってことは、今年もまた雑草だらけの庭になるんだろうか。。。と不安です。

しかも、とうとう蚊の季節が到来。
まだ大丈夫かなと思ってたら、まんまと刺されました(T_T)
次回の草むしりからは、ムシ対策も万全にして実行せねばなりませぬ~。
しかもしかも、青虫さんとかおっきくなってて、ムニッとつかんでしまいそうで怖い(T_T)


夕方から涼しい風が吹いてきたので、
草むしりで勢いづいた小間は、
マンションの共用階段もついでに掃き掃除。
小間のマンションは面白い造りで、
共用階段は外に剥き出しになっており、
踊り場には、金木犀が植えてあります。
そのため、年中、金木犀の枯れ葉が階段の吹き溜まりに積もってしまうのですが、
さすがに1年に2回程度のマンションの集まり兼お掃除では、
掃除しきれません。
たぶん、時々住人のどなたかが掃き掃除をしてくれているようで、
たまに綺麗になっているときがあるんです。
そんなわけで、小間もたまには恩返しせねば~。
とは言っても、さすがに7階分ぐらいある階段全ては掃除しきれないので、
小間家の前後の階段のみで、勘弁してもらうことに(^-^;
ま、こんなことでも、住人間の関係は良くなるのですよ、ハイ。

あぁ、それにしても、掃除と洗濯と買い物で終わってしまう休日・・・
おデートとかしたいわぁ。

f0024514_2264933.jpg

ちろちゃん「・・・心がこもってないにゃ」
小間:だって、ぽぷちゃんとかこんちゃんとかちろちゃんと、一緒にごろごろしてる方が楽しいんだもーん!
[PR]
by popcorn_nyan | 2007-05-27 22:07 | 白猫ちろるちゃん
お便秘気味?
ちろちゃん、かつては緩いウンチが多くて、
お便秘とは無縁かと思われたのですが、
緩い→ちょうどいい→緩い→ちょうどいい・・・
を繰り返しているうちに、徐々に緩い日が少なくなり、
年明け頃からはすっかり、普通の固さのウンチが続くようになっていたのですが。

ここ数週間、ちょっとウンチの量が少ないかな、ちょっと固めかな、長さが短いかな、といった感じで、お便秘の傾向が。
(全然出ない日はなくて毎日出てはいるのですが、
量が食べている量に比べると、やや少ないかな、といった感じ)


そんな折、駅前に新しくペット用品店が出来たので、
ちょっと立ち寄ってみたら、おじさんが試供品の乳酸菌サプリをくれました!
そのおじさんは、ウンチの匂いが変わりますよ、と力説されていましたが、
たまたま、ちろちゃんのお便秘気味が気になっていた小間は、
ちろちゃんにお試しいただくことに。

粉状になっているので、
カリカリや缶々に振りかけて、といわれましたが、
カリカリに振りかけたら、お気に召さなかったようで、
今度はお皿に盛ってみた、ら、ちろちゃんの鼻息で、ぶぉっと吹き飛んだ・・・(-_-;

ぺろぺろ舐めるのが好きなちろちゃんなので、
今度は、指に付けて口元にもっていたら、
ぺーろぺろ、喜んで舐めてくれました(^-^)
(もっとちょーだい、光線もまぶしい。そうか、これはおいしいのか。)

おじさんいわく、「サプリメントなので、効果がすぐにってことはないと思いますが」とのことでしたが、なんと翌朝にはモリモリと出ました(^-^)v
試しに、数日あげなかったら、あげない日の翌朝のウンチは少なめ。
で、あげた日の翌朝はモリモリ。

「おー、これは効果ある!」と、サプリをあまり重視していなかった小間も驚き。

ただ、乳酸菌でお腹の調子が良くなる、ということは、
逆に考えれば、お腹の菌のバランスが崩れてるのかもしれないな。。。
(乳酸菌ってお腹の悪い菌をやっつけてくれるんですよね?確か)

ってなわけで、そちらを試しつつ、
再び、ハイポを原液でグビグビっと飲んでもらってます。
(この、グビグビっと、ってのは、ちろちゃんだからこそ出来る!)
あれ、ハイポってイイ菌と悪い菌を分別して、
悪い菌だけやっつけるんだっけ・・・
そうじゃなかったら、このサプリとハイポを両方あげちゃ、
意味なくなっちゃうのかしら・・・・・・う~ん、悩ましい。

f0024514_21234726.jpg

ちろちゃん「・・・・・」
f0024514_2124279.jpg

ちろちゃん「まぶしい・・・」
小間:って、内容に合ったコメントくださーい!
[PR]
by popcorn_nyan | 2007-05-24 00:00 | 白猫ちろるちゃん
色々ね
考えることがある、今日この頃です。

というのも、数日前に偶然ネット検索してて、
かつての知り合いのブログを発見したのですが、
何というか、全然違う道を歩んでいるのを密かに知って、
「あー、自分にとって大事にしている生き方って何だろう?」
とか考えてしまいました。

で、結論に飛ぶと(早っ)、
小間にとって幸せに感じる行き方って、
平和で平凡でノンビリした生き方なんだなぁ。

ここ3、4年で、仕事とかで大きな波があって、
その結果、そういう生活が如何に自分にとって必要かということが分かりました。

たとえば、天気の良い日に布団を干して、その布団にもたれてポカポカ日差しを浴びたり、緑でモリモリした木々を見たり、暇な休日の午後に「あ、ちょっと出かけたいかも」とか思ったり。
毎日の平凡な生活を大切にして生きている実感があると、心に余裕が出来る、
心に余裕が出来ると、生活を大切にする、という良い循環に入れる。

○○になりたい、とか、
○○をやりたい、とか、
そういう明確な目標を持てないことに悩んだ若かりし頃もあったのですが、
30歳を目前にしてようやく、
自分が求めているのは、目標に向かって進んでいく生き方ではなく、
天気がいいとか、風が気持ちいいとか、ご飯がおいしいとか、
そういうことを、毎日ちょっとずつ感じることができる生き方が、
幸せを感じられる生き方なんだなと分かりました。

不思議と、そんなことが全然分かっていなかったときから、
着実に、そこに向かって生活を変えていっていたんですよね。

まず、バリバリ系の会社に入らなかったこと(当時は、その会社にどうしても入りたいと自分では思っていて、内定もいただいたのに、なぜかフラッと別の今の会社に入ってしまった)、
買おうなんて全然思っていなかったのに、勢いで家を買ってしまったこと(それも、色々便利な都会じゃなくて、かなり田舎町に)、小学校のころに動物アレルギーが発症してから「一生猫は飼えない」と思ってきたのに、今じゃ3ニャンと暮らしていること。。。などなど


そんな積み重ねで、最近では、たびたび「気持ちいいなー」「幸せだなー」と感じるんです。
ちょっとコンビに行くって時ですら、道すがら「あぁ、気分いい」とか思う(ちょっと変人!?)。
これまで「ストレス解消」って、ひたすら眠ることしかなかったのですが、
こういう幸せ感を感じると、実に気持ちがすっきりとして、
充実した気持ちになる。
そういうのは、小間が求めてきた行きかたで、
「なんだ、小間もちゃんと目標達成してるじゃん」と思うわけです。

あ、でも知り合いの結婚式に出たり、
知り合いに赤ちゃんが生まれたりすると、
人並みにあせりますよ、
だって小間も年頃の女の子(いや、もう過ぎてるんだけど)ですもの~、ウフ。

f0024514_129599.jpg

ちろちゃんも日向ぼっこで幸せ?
[PR]
by popcorn_nyan | 2007-05-21 00:00 | 白猫ちろるちゃん
お仕事、ひと段落
とうとう、1年近く前に始まったお仕事が、
最後の山を乗り越えました!!!
バンザーイバンザーイバンザーイ!!!

7、8年近く、システムを作る仕事をしてきましたが、
ここまで短期間で、ここまで高い品質で、
そしてお客様からの信頼も厚く、終わりを迎えることができるのは、
正直初めてのことかもしれません。

もちろん、次の仕事が始まれば、きっと
「あの時、こうしておけばよかった」
と思い出して、ちょっぴり苦い思いをすることになるとは思いますが、
それでも、やっぱり今回ほど、ギリギリのところで、
いろんな歯車があうことは、多分今後もないでしょう。
もちろんそこに、協力的なメンバーが居てくれた、という要素が一番大きかったのですが。

つくづく仕事をする上で思うのは、
格好よく言えば、「give and take」
日本人らしく(?)言えば、「魚心あれば水心」
(え、使い方間違ってます???おほほほ)
ん、もうちょっとまじめに言い直すと、
「信頼関係が仕事のスピードと品質を支える」
ってな感じです。
これはもう、新人時代からの小間の信念なのですが、
こちらが頑張れば、相手もそれに応えてくれる、
と信じて疑わない「熱い人間」が小間なのです(///-///)
まぁ、そううまくいくことは、稀なんですが。。。


とにもかくにも、仕事もひと段落。
次の仕事がまた大変なところかもしれませんが、
今のところは、のんびり生活を満喫しますー。

f0024514_023582.jpg

ちろちゃん「これで小間使いも独り占めね・・・」
小間:・・・いや、残念ながら独り占めにはなれないかと思いますけど・・・(うちには、あと2人もお姫様がいますから~)
[PR]
by popcorn_nyan | 2007-05-20 00:00 | 白猫ちろるちゃん
立ってみた・・・
友人撮影
f0024514_20291057.jpg



ぽんぽこりんだ・・・
[PR]
by popcorn_nyan | 2007-05-05 20:28 | 白猫ちろるちゃん
ちろちゃんの手足は・・・
こんなに太くなりました・・・

びふぉー(2006年8月 保護当時)
f0024514_196449.jpg


あふたー(2007年4月 おでぶ猫まっしぐら)
f0024514_198076.jpg

あ、足とお腹の境目が分からない・・・

f0024514_1984587.jpg

ちろちゃん「にゃぬ!!!」

f0024514_1991092.jpg

ちろちゃん「むぃ~!!!」
小間:あ、手は長いままだったのね(伸縮自在?)
[PR]
by popcorn_nyan | 2007-04-24 00:00 | 白猫ちろるちゃん
トップ