人気ブログランキング |
出会ってしまった・・・
明け方、というかまだ夜明け前の暗い時間に、
(本当は朝に出さないといけないんだけど)ゴミを捨てに行った小間ですが・・・

出会ってしまいました、迷い猫。

我が家周辺にいるニャンコたちは、
ひと通り顔を知っており、
そのうち何匹かは、近所の大きな一戸建てのお家の
玄関先で昼寝をしているのを目撃しており、
(外からチョチョっと見たところ、
そこは、ちゃんと昼寝スペースとして作られているように見受けられ)
ケンカがあるときも、そのお屋敷周辺、
ということから、
「どうやらアノお家で、みんなご飯をもらってるのね」
と思っていたのですが、
今まで見かけたこととのない、白猫ちゃんの登場に、
最初はおやおや?と思った小間でしたが。。。

ちなみに、ご飯をもらってるんだろうな、と思う理由として、
昼寝スペース以外にも、
我が家周辺の子達は、そこそこの体型であり、
ガリガリであったり、見るからに病気や怪我を負っている様子を見たことも無く、
交通事故の可能性はゼロではないにしても、
地域猫(或いはどこかのお家の外猫)としてなんとかやっていけているのだろう、
なんて思ってたんです。

ですが、その白猫ちゃんは夜目にも明らかなほど、痩せており、
・・・というか、今まで一回も会ったことのない新顔さんでした。
街灯の少ない小間の家の周辺で、
わずかな明かりの元で見た白猫ちゃんは、
痩せている以外に、耳も赤らんでおり、目も目ヤニが付いていて目の周りも赤味を帯びてる。

あらら、この子は一体どこから来たんだろう?
と思いながら、ちょっと声をかけてみようと、
しゃがんだ瞬間、
「んあ」と小さな鳴き声で挨拶しながら、
ヒョコヒョコこちらに寄ってくるではないですか・・・

我が家の周辺の子は、
多少ヒトに慣れているものの、
数メートル以内に近寄ることは出来ない程度に、
警戒心があるのですが、
この白猫ちゃんは警戒心ゼロ。
というか、うちのお2人さんよりもフレンドリー(^-^;

こちらから手を出す前に、しゃがんだ小間の足にスリスリしてきて、
小さなかすれ声で、んあ、んあ、としきりに何かしゃべりかけてくるし。
はて、小間、どうしたものか、
なんてことは、実は考える余裕無く、
「とにかくご飯とお水あげないと!!!」
と思い、そこに居てよ~と思いながら、家に向かって歩き始めた小間でした。
んが!!!
小間のの真横を、必死に小間を見上げながら、
その白猫ちゃん、家までついてきちゃいました。

もう家の前に付いた時点で、
「どうにかなる!」
と心を決めた小間は、すんなり白猫ちゃんを抱き上げて、
(一切抵抗せず、ゴロゴロスリスリしまくり~)
一目散に、ニャン部屋に駆け込んで、
ご飯とお水を召し上がっている間に、
解体してしまっていたケージを組み立てなおし、
とりあえず、ケージにお入りいただくと同時に、
お2人さん用トイレは、ニャン部屋から玄関先に移動。
ニャン部屋は、白猫さんのとりあえずの隔離部屋となりました。

ご飯を食べて、お水を飲んだ白猫ちゃんは、
すっかりお寛ぎになって、
横で見ている小間に愛想を振りまきつつも、
く~っと寝てしまったです・・・
頭を触っても熱がある様子は無く、
呼吸も荒くない(ちょっと鼻水がでているけれど、カリカリとお水の臭いには即座に反応したから酷く詰まっているほどでもなさそうか)ため、
救急病院に行くまでではないかと思い、
とりあえず、現在の時間まで様子をみながら、
朝の診察が始まるのを待っている小間でした・・・つづくっ!!!

さて、そろそろ病院に行ってきます~
by popcorn_nyan | 2006-08-04 07:53 | 白猫ちろるちゃん
<< その名は、白猫しろちゃん チッチ魔こんちゃん >>
トップ