<   2006年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
もっちり
こんちゃん、体重に変動はあまりないものの、
何だかお尻がもっちりと・・・
もっちり、、、餅ちり、、、、餅尻、、、
f0024514_15474233.jpg

[PR]
by popcorn_nyan | 2006-02-28 00:00 | こーんちゃん
ちょっと嬉しい・・・
こんちゃんもぽっぷちゃんも、未だ
「モミモミ」するところを見たことがないのですが、
まぁ、これは遠い先のお楽しみにとっておこう、
と思ってるわけで、
最近では、こんちゃんと一緒にお布団で寝れるようになってきたこともあり、
甘えてくれてるなぁ、という実感があったりして、
一人ムフムフっと喜んでいたわけです。
(ぽっぷちゃんはまだ、「都合よく撫でてくれるお友達」という感じで、
心底甘えてる、というわけじゃないんですよね・・・甘タレ子ですが(^-^;

そんな日々でも十分満足な小間なわけですが、
先ほど、オコタでPCをポチポチ打ちつつ、
体育座りの膝を少し横に倒した感じで、座っていたところ、
こんちゃんが、小間の太ももとふくらはぎの間の隙間に入って、
アンモナイト型で寝はじめたわけです。
ちょうど、小間の太ももの付け根あたりに、
こんちゃんの頭がくっつく感じになっていたわけですが、
時折、小刻みにグイグイグイグイと太ももを押されている感覚が・・・

じ~っと見ていたら、定期的にグイグイグイ・・・グイグイグイグイ・・・
寝相を変えようとしていたりする、モゾモゾ動くのとは違って、
グイグイグイ・・・グイグイグイ・・・グイグイグイ・・・

よく寝ているようなので、寝ぼけてるのだと思うのですが、
その感覚が、ちょうど子猫がお母ちゃんのおっぱいを吸うときに、
顔をグイグイと押し付けているような感じなんです~!

う・・・うれし~だよ~(T_T)
[PR]
by popcorn_nyan | 2006-02-27 00:00 | こーんちゃん
ご機嫌さん
こんちゃん、カラーを外したら、
もうご機嫌さんで、おおはしゃぎで困ってます・・・(^-^;

ぽっぷちゃんにちょっかい出しては、ベシバシと喧嘩し、
部屋中を探検して周り、夜中のドッスンぱったんが激しい・・・(T_T)

土曜日は、お友達が遊びに来ていたのですが、
お土産にもらった猫じゃらしが大好評で、
友達がいる間は、興味はあるもののビビッてオコタから出てこれなかったくせに、
友人をお見送りに行っている間に、
テーブル上に置いたそれを引っ張り落とそうとしたようで、
帰ってきたら、テーブル上のコップがひっくり返り、そこら中にお菓子が散乱し(幸いお菓子を食べる、というところには気が回らなかったらしい・・・)、
ヒョエ~!な状況になっておりました・・・orz

「そんなに遊びたかったのかい・・・」ということで、
ちょいちょいと猫じゃらし遊びを始めたところ、
カラーが外れたことも相まって、
それはそれはもう、大興奮でした・・・

小間:その姿を友人に見せてあげて欲しかったのよ~
こんちゃん「フフン!じゃらし、好きにゃ!カラーなくて快適にゃ!」
f0024514_16133140.jpg


小間:内弁慶だねぇ・・・
こんちゃん「ちがうにゃ!こんちゃん、強いにゃ!キバっ子にゃ~!!!」
f0024514_16142946.jpg

[PR]
by popcorn_nyan | 2006-02-26 00:00 | こーんちゃん
エリザベス・こん様 終了?
こんちゃん、病院に行きました。
先生から、「先週よりもグッと良くなったね」とお褒めいただき。

どんどんカラーをはずす時間を延ばしていって、
あと1、2週間様子を見てあげてください、
と言われたものの、
カラーを外せば舐め舐めしてしまうし、
でも執拗に舐めるわけではないし・・・
と考えた結果、スパッと外してみることにしました~。

毛の生えてきた、元のオハゲ部分は、それほど気にしなくなったのですが、
その横の部分を、噛み噛みぺろぺろ・・・(T_T)
ちょっと違う部分が禿げてきちゃったようですが、
傷つくほどではないので、
しばらくハイポを塗って、カラーなしで行ってみようと思います~。

小間:こんちゃん!!!舐めちゃダメ~!!!
こんちゃん「なんにゃ?」
f0024514_1633161.jpg

[PR]
by popcorn_nyan | 2006-02-25 00:00 | こーんちゃん
まだなの???
こんちゃん、明日はいよいよカラーが外せるかどうか、
病院で診てもらいます!さて、どうなることやら???

と思ってはいるものの、
今週のカラーを徐々に外していく週間では、
どんなに気をつけていても、
遊びで気をそらしている間以外は、
すぐに舐め舐めを再開してしまうこんちゃん・・・(T_T)

まだあと1週間ぐらいは、カラーを着けたり外したり、
を繰り返さなくてはならない予感がします~。

こんちゃん「エリザベスこんちゃん、かわいい?」
f0024514_19474718.jpg

[PR]
by popcorn_nyan | 2006-02-24 19:49 | こーんちゃん
小間、病院へ行く
お2人さんの回虫駆除&こんちゃんのオハゲ治療、
と、なにやら病院づいていた今日この頃ですが、
とうとう人間の小間も病院通いが始まりました・・・

お2人さんの病院行きは、
2人の負担を思うと、意を決して行うわけですが、
それでも「行かねば!」となれば、うだうだ悩む間もなく(回虫さんでは悩んでる場合じゃないのですが)、重い腰もスクッと上げることができます。

が、自分のこととなると、とんと腰が重くなり、
出不精に面倒くさがりが拍車をかけて、
病院なんぞは、かれこれ数年行ってなかったりしました。
虫歯もあるけど、歯医者さんなんてかれこれ15年以上行ってないもんねぇ・・・

ですが、去年10月ごろから喘息が出始めて、
何年も前に貰ったお薬(映画なんかでよくシューと吸入してるアレ)が、
とうとう底をついてしまい、一応仕事をしている身としては、
喘息で夜眠れなくなると、翌日にひびくということもあり、
しぶしぶ再び喘息治療を始めることにしたわけです。

家の近くの病院も探しましたが、とりあえず現在の仕事場の近場のほうが、
何度か行くには便利でしょう、ということで、仕事先の近所の病院を探してイザ!
すでに「喘息である」(アレルギーである)ということはハッキリしており、
お薬がほしいだけ、ということもあるので、検査機関が整っている大きな病院ではなく、
いわゆる個人病院を選び、少々どきどきしながらも診察を受けました。

さすが個人病院(?)、平日の昼間はガランと空いていて、
「良いのか、ここで???」という心配もありましたが、
でも、おじいさん先生も受付の人もとっても親近感がもてるところで、一安心。
ひと通り、アレルギーの症状などについて伝えたわけですが、
当然、お医者さんの立場からすれば、
「動物にアレルギー反応があります。猫飼ってます!」
な~んてことを言ったら、怒られるのが目に見えているわけで、
「ん~、動物にも反応しますが、ひどく反応するのは、鳥→猫→犬、という感じの順ですね!
でも、一番反応するのは、ハウスダストですねぇ。
仕事しているとなかなか掃除とか換気ができなくて・・・」
なんて軽く流し、猫を飼っていることは、言わないことに~(^-^;

でもですね、さすがそこは時間をかけて診察してくれる、良い病院・・・
「猫、飼ってますね?」
と、ずばり一言。
「え・・・(かなりドギマギしながら)な、なな、なんで分かったんです???」
と聞くと、
「手を見れば分かります!」
とな・・・(^-^;
そうだった~!小間の手は猫の傷跡だらけでしたがな!
じっくり患者を観察する先生、それはそれは素晴らしいことなのですが・・・
もう小間の心臓はバクバクバク!!!ま、まずいです~!どうしよう!!!

もちろん、お決まりの一言が次にくると思って構えた小間ですが、
その後に続く先生の言葉は、思いがけず、
「うちも猫飼ってるからね・・・手放す、なんて出来ないもんねぇ」
という、苦笑い付きの言葉でした。
うぅ、、、思いがけず、先生も猫飼い人でした・・・(感涙)

正直、今回の喘息は、布団を掛けて寝るようになってから、
その布団に猫の毛やフケがつきまくっていることが原因だということは
明らかではあったものの、
そんなことは口が裂けても言えないので、
「いつから飼ってます?」という先生の問いには、
「もうかれこれ、数年になります」と嘘をつき、
「それじゃぁ、この秋から出始めた喘息の原因じゃなさそうだね」と先生に言わせ、
ちょっぴり嘘をついてしまったわけですが(^-^;

まぁ、私の場合、猫だけの原因を取り除いたところで、完治するわけでもないし、
喘息の症状については、薬さえあれば、ほぼ問題は解決する程度の軽いものなので、
その辺を突き詰める意味はあまりない、ということで、
この程度の嘘は許されるということにしておきましょう!!!
(観察力の鋭い先生は、嘘だと気づいていたかもしれませんが、
先生もとくに突き詰めるようなことはしませんでしたし~)

とにもかくにも、昔の喘息治療(発作が出たときに素早くおさめる)から時代も変わり、
発作を出さないようにする治療になっており、
「喘息、でそうだなぁ」というときに、前もってお薬を飲んだり吸入しておく、
というものになっていて、半信半疑ながらも、貰った薬を試したわけですが、
これがまぁ、ドンピシャリ、よく効くのです!
お薬も1ヶ月に1回程度もらいに行くだけ、治療自体も負担にならないことも嬉しく、
それにもまして、ピタッと喘息が出なくなったのには驚きでした。
もっと早く腰を上げてれば良かったな・・・(^-^;

そもそも、小間の喘息は、アレルギーの一環として出ていて、
動物に対しては、喘息よりも、
花粉症のような目や鼻のむずむず、涙や鼻水ズルズル、くしゃみ、湿疹、、、
といった症状が酷かったわけですが、
お2人さんを迎えても、それらの症状は全くといって良いほど出ておらず、
喘息のみが出るようになっていた、ということが幸いでした。
花粉症のような症状は辛いし、お薬を貰っても即効性はあまり期待できない、
というのは、正直ちょっとキツイわけですが、
つくづく、喘息治療が進歩していたことに感謝し、
アレルギー症状が喘息に落ち着いていた自分の身体に感謝、
な小間なのでした。

今だからこそ言える「実は」な話ですが、
お2人さんに初めて会いに行った日、
かもかもさんのお宅にいたときは、若干咳が出る程度だったものの、
ホテルに戻った小間は、花粉症と同様の症状がかなり酷く出ていたのです(^-^;
そして、名乗り出るずっと前から何度も何度も自分に問いかけていた、
「本当にやっていけるか?」ということを改めて考え、
「それでもやっていく」と決心を新たにし、我が家に2人を迎えたのでした。

そんなわけで、長くなってしまいましたが、
今、症状が喘息に落ち着いていること、その喘息は薬で楽に抑えられることが分かったことは、もう、小躍りするぐらい小間にとって嬉しいことなのでした。
[PR]
by popcorn_nyan | 2006-02-23 00:00 | 小間ごと
おはげ具合
こんちゃん、エリザベス生活もかれこれ10日以上が経ちました。
最初は、お水にご飯におトイレに・・・とどうなるかと思いましたが、
こんちゃん本人も小間も、結構馴れてきました。

とはいっても、今週は徐々にカラーを外していこう週間(?)のため、
様子を見てはカラーを外し、オハゲを舐めようとしたら、
手を差し込んだりして舐めないようにしたり、
遊んで気分転換させたり。。。
と、早くカラーがはずせないかなぁ、と日々心待ちにしている小間なのですが。

さて、こんちゃんのオハゲ具合はどうかというと、
毛も徐々に生えてきて、なかなか良い感じです(^-^)
ただ、内股部分なので、見るときには、
こんな風にお腹をコチョコチョして、
ゴロンをしているときを見計らって、様子をちょ~っと見せてもらいます。

小間:こんちゃ~ん、オハゲどうかな~???
こんちゃん「もっとお腹なでれ~」
f0024514_102487.jpg


オハゲはこんな感じ。
f0024514_105564.jpg

ちびっと痛々しそうに写真に写ってしまったのですが、
色が濃く見えるのは、オハゲ部分に濃茶色の毛が生えてきているためで、
これでも地肌は見えていないのです~(^-^;
早く毛が長くなって、本人が気にしないようになれ~!!!
[PR]
by popcorn_nyan | 2006-02-22 01:07 | こーんちゃん
ぽっぷちゃんだって
あのね、ぽっぷちゃんだって女の子なんだにゃ。
こぶたちゃんとか、たぬきさんとか、
みんな勝手なこといってるけど、
(言ってるのは、小間だけです・・・)
ここでちゃんと言っとかにゃくちゃ!
f0024514_21191196.jpg


何を???
[PR]
by popcorn_nyan | 2006-02-21 21:16 | ぽっぷちゃん
腹ヘリヘリ腹
先週の風邪が長引いています・・・(T_T)
熱は下がったのですが、食欲が戻りません。
睡眠の次に食べることが好きな小間ですが、
ちょっと食べると気持ち悪くなってしまい、
ここ1週間以上、まともな食事をしていません。

が!
お腹は空くのです!
すごく空腹なのです!!!
(つまり、「食欲がない」のではなくて「食欲はあるけれど身体が受け付けない」だけ)

テレビで美味しそうなモノが映ると、
ジュル~っと涎が出てしまうほど、お腹が空いているのです(T_T)

ぽっぷちゃんが、カリカリを美味しそうな音を出して食べているのを見ると、
思わず指をくわえてしまうほど、お腹が空いているのです~(T_T)

どうせ食べられないなら、お腹も空くな~!といいたい感じです。
だんだん、気持ちが悪くて食べれないのか、お腹が空きすぎて気持ち悪いのか、分からなくなってきました・・・あぁ、食べたい食べたい食べたい~!!!

小間:ぽっぷちゃん、腕がプクプクでおいしそう・・・ジュルル
ぽっぷちゃん「た、食べられちゃうのかにゃ・・・ドキドキ」
f0024514_2023472.jpg

[PR]
by popcorn_nyan | 2006-02-20 00:00 | ぽっぷちゃん
こんちゃん、パニくる
今日は、1週間かぜっぴきで遊ぶ時間がなかなか持てなかったのを取り戻すべく、せっせとプレイリードで遊びに励んでいたのですが。。。

こんちゃん、遊び方が激しく大興奮で、いつも楽しいのですが、
左目がないせいなのか、興奮してくると、
すごい勢いでグルグルと回るのです。

プレイリード以外のおもちゃでも、
つり道具系のおもちゃでは、身体に紐が巻きついてしまって、
何度もヒヤヒヤしたことがあり、
クルクル回りだしたら、手を緩めて、紐がキツく絡みつかないように注意していたのですが、とうとうやってしまいました・・・

足に絡まってしまった紐も、普段なら、こちらの手を緩めれば、すぐに外れるのですが、
今日は運悪く、こんちゃんの足に絡まったまま、こんちゃんもパニックになってしまい、
逃げ回り、あわてて手を離した持ち手部分が家具に引っかかって、
ギュッと紐が締まってしまったのです!

慌ててこんちゃんを捕まえて、足から紐を外そうとしたのもまずかったらしく、
初めてこんちゃん、ハ~ッと威嚇し、小間の腕に噛み付き、
凄い声で(病院に行くときでもこんな声では鳴かない)泣き叫び、
激しくパニックに~。

すっとんでハサミを取ってきて、とりあえず釣竿部分に近いところの紐をプチンと切ると、
おもちゃ部分が足に絡まったまま、パニックに陥っているこんちゃんは、寝室のベッドしたに駆け込んだのですが、そのまま足にきつく紐が巻き付いていたら、足が壊死してしまうと思い、
パニックに陥っているこんちゃんを、無理やり引きずり出して、
とりあえず、遊んでいる間は外していたカラーをつけて、足を見てみると・・・
すでに紐は外れてました~ホッ!

時間にして、ほんの1,2分のことだったと思うのですが、
こんちゃんも小間もしばらく、放心状態・・・

ただ、こんちゃん本人は何が起きたのか分からなかったらしく、
すぐに何事もなかったかのように、デロ~ンと小間に甘えてきて、
小間は苦笑いだったのでした・・・はぁ、もう心臓が止まるかと思ったのよ、小間は。

そして、可哀想にぽっぷちゃんまでもがパニックになったらしく、
台所の隅で、きゅ~っと固まっておりました・・・(^-^;
こんちゃんがすぐに復活したにもかかわらず、ぽっぷちゃんはしばらくビクビク病にかかってしまいました・・・ぽっぷちゃん、ビックリしたよね・・・ごめんよ~!!!

そんなわけで、大好評のプレイリード、しばらくの間お蔵入りとなるのでした・・・とほほ。

こんちゃん「何かあったのかにゃ~?」
f0024514_19524230.jpg

[PR]
by popcorn_nyan | 2006-02-19 00:00 | こーんちゃん
トップ